奥の日記

やや寒冷地住まい@園芸歴1年の初心者が水やりなどの流れをつかむための備忘録*24時間思い立ったら時間を問わず無益なつぶやきをダラダラと吐き出す受け皿

★多肉-ツルボラン亜科-ハオルチア・ガステリア

ハオルチアとガステリア

ハオルチア軟葉系とガステリアへ18日ぶりの水やり。 祝宴、花芽のような? エメラルドフラッシュ、花芽のような?すでに花芽を上げたハオルチア グラキリス 青雲の舞 レツーサ トルンカータ

ハオルチア

ハオルチア硬葉系2種へ29日ぶりの水やり。

セダムとリプサリスとエケベリアとハオルチア

やっぱり、花芽っぽい。 ジョイスツーロ、蕾らしくなる。 リプサリス アシヲさん、蕾らしくなる。 桃太郎、ババヘラ色へ。 グラキリス、また少し伸びる。【花芽らしきものを確認した多肉植物】 エケベリア…桃太郎〔初〕、ヤマトニシキ〔初〕、ビアント〔初〕…

ハオルチアとガステリア

ハオルチア軟葉系とガステリアへ19日ぶりの水やり。 青雲の舞の葉の先端が変色気味。これからは葉水をすることに決める。 レツーサ、花芽を伸ばす。 エメラルドフラッシュ、根腐れしたような根の張り方。要観察。

ハオルチア~シンビフォルミス

シンビフォルミス ムルティフォリアの不定期観察。 ↑120日 順調に育ってくれて嬉しいけれど、貰い手がない。赤くなるハオルチアに関心がある。 が、自分には赤くなるための条件を整えられる気がしないため、購買欲を抑える。 どんな色なのか、肉眼で見て…

ハオルチア~十二の巻

ハオルチア 十二の巻。 2~3の子株ができているように見える。 先発の2つの子株はものすごく成長が遅い。 nurumenokotatu.hatenablog.com nurumenokotatu.hatenablog.com

ガステリア~桜富士

桜富士、変化が乏しいため存在を忘れがち。 前の記事と比較して、やはり変化がないとわかる。nurumenokotatu.hatenablog.com 43日前 nurumenokotatu.hatenablog.com 122日前 nurumenokotatu.hatenablog.com 203日前 nurumenokotatu.hatenablog.com …

ハオルチア~十二の巻と十二の塔

十二の巻、花芽をあげない。 3つ目の子株をつけたか。 間もなく1年となる十二の塔、やはり花芽をあげない。 2つの子株が赤くなる、理由はわからない。

ハオルチア

花芽を確認してから2~3ヶ月経過したレツーサ、青雲の舞、グラキリス、トルンカータ。 グラキリス以外はまったく伸びず。 葉の合間から根を張り始めたエメラルドフラッシュ。実は根腐れしているのかも…。

ハオルチアとガステリア

ハオルチア軟葉系とガステリアへ17日ぶりの水やり。 祝宴、プクプクとはち切れそうだった姿はなくなり、のっぺりとした姿に。子株は少し成長。 シンビフォルミス、まだ脱落者なし。 それはそれで、どうしよう。

ハオルチア

ハオルチア硬葉系2種へ24日ぶりの水やり。 グラキリスが伸びている。

ハオルチア

ハオルチアの花芽観察 ←レツーサは79日前、その他は52日前に出現確認。 グラキリス、伸びる。 レツーサ、やや伸びる。 トルンカータと青雲の舞、伸びない。 ↑190日 ワッツ産十二の巻、模様がくっきりしてきた。

ハオルチアとガステリア

ハオルチア軟葉系とガステリアへ15日ぶりの水やり。

ハオルチア

気温が高い。 ハオルチア硬葉系2種へ22日ぶりの水やり。 置き水で。

ガステリア~桜富士

桜にも富士にもならない桜富士。 なんでだろう。

ハオルチア

ハオルチア。 同時期に花芽をあげたグラキリス、トルンカータ、青雲の舞、レツーサ。グラキリスが抜ける。

ハオルチアとガステリア

ハオルチア軟葉系とガステリアへ13日ぶりの水やり。luz楽天市場店さん〔https://www.rakuten.co.jp/luz-shop/〕から購入したおまかせ6種セットが紆余曲折を経て間もなく1年となる。来て早々に調子悪そうな祝宴に気付く。 青雲の舞、グラキリスが根腐れし…

ハオルチア~トルンカータ

不調だったトルンカータの経過観察。 ↑60日 傾いてしまったけれど、肌艶は快方に向かっている。 実家へ譲渡予定の子株も今のところ元気そう。

ハオルチアとガステリア

ハオルチア軟葉系とガステリアへ13日ぶりの水やり。トルンカータ。 艶は失ったままだけど、変色していた葉色が落ち着いた気配。 前回は4/12に花芽を確認、開花は6/1。およそ1ヶ月半。 今のところ、トルンカータのほか、青雲の舞、レツーサ、グラキ…

ハオルチア

ハオルチア硬葉系へ22日ぶりの水やり。 閉じていく十二の塔、開いていく十二の巻。

ハオルチア

結局は、最安値のワッツ産トルンカータが1番のお気に入り。 他のハオルチアは昆虫の胴体や羽根に見えて苦手なのだと。 勢いでお任せセット購入したものの、どれも同じに見える。

ハオルチア~シンビフォルミス

↑46日前 シンビフォルミス、1年。 枯れず、貰い手も見つからず。

ハオルチアとガステリア

ハオルチア軟葉系とガステリアへ12日ぶりの水やり。 なにげに、シンビフォルミス1周年。

ハオルチア

レツーサに続いて、トルンカータ、グラキリス、青雲の舞にも花芽のようなものが。 トルンカータ グラキリス 青雲の舞正しいシーズンなんだろか。

ハオルチア

明日から雨続きの予報。 乾かないハオルチアを重点的に日光浴。 虫を疑い、ぐらつくレツーサの鉢をひっくり返して見る。 素人目に虫の気配はない。 ゴボウ根が弱っていたらしく、途中で切れる。 その他の根は伸びているが、旺盛と言えない状態。 白く新しい…

サボテンとハオルチアとガステリア

サボテンとハオルチアとガステリア。 水やりから4日、乾いていない。 あかーん。一時の屋外、また家内に取り込む。

ハオルチアとガステリア

ハオルチア軟葉系とガステリアへ8日ぶりの水やり。ハオルチア硬葉系へ12日ぶりの水やり。 まだ、シンビフォルミスに脱落者なし、24頭のまま。間もなく1周年を迎える。 ハオルチアとガステリア、勢いで購入したけれど、変化が乏しくウキウキさせてくれ…

ハオルチア

トルンカータ、ずっとグラグラしていた親株が落ち着く。 孫株、少しずつ大きくなる。 祝宴、子株? 青雲の舞、子株? ワッツ産十二の巻、2つ目の子株ができる。昨年の冬は葉を溶かしてばかり。今年はもっと水やりを減らして様子見を。

ハオルチア

調子が悪そうなシンビフォルミス&トルンカータの不定期観察。 ↑25日 ↑30日 レツーサが花芽をのぞかせているような、いないような。 子株がモリモリしてきたグラキリス。

ハオルチアとガステリア

ハオルチア軟葉系とガステリアへ9日ぶりの水やり。