奥の日記

やや寒冷地住まい@園芸歴1年の初心者が水やりなどの流れをつかむための備忘録*24時間思い立ったら時間を問わず無益なつぶやきをダラダラと吐き出す受け皿

★多肉-ベンケイソウ科-セデ・エケベリア

エケベリアとパキフィツム

星美人へ23日ぶりの水やり。 アゴラ、原種エボニー、ホワイトナイトへ14日ぶりの水やり。

エケベリア~女雛とヤマトヒメ

100均ワッツ産の女雛とヤマトヒメ。 女雛、確認できる脇芽は4つ。 今度は自然消滅しないように祈る。 ヤマトヒメ、少しだけ赤くなったような。

エケベリア~チワワエンシスとラウリンゼと桃太郎と仮養老

11時、氷点下1度まで上昇したのを機に一部多肉を屋外へ。 チワワエンシス、古い葉っぱがシナシナしている。 紅葉優先で寒風に晒しすぎたかも。 そのまま、枯れようとしているのかもしれない。 爪の先以外の部分もじんわりと紅葉してきた。ただ、目を凝ら…

エケベリア~桃太郎とビアントとヤマトニシキ

花芽をあげたエケベリア。 桃太郎 ビアント ヤマトニシキ

エケベリア~白夜と仮ミニベル

↑33日 白夜、ようやく発根を確認。 だいぶ痩せた気がする。 仮ミニベルに新芽。 ↑およそ300日 可愛らしい名前相応の、季節相応の育て方ができていない。

グラプトベリアその他の多肉

カットし乾燥させていたピンクルルビー、仮ミニベル、マッコス、キルヒネア、朧月、ジョイスツーロなどを土に挿す。挿し芽用土が足りず多肉の土を混ぜる。春になったら植え替え。

パキベリアその他の多肉

ルエラとオパリナの葉挿し、それぞれ1枚だけ発根。 ただ、桃太郎の二の舞になるような気配がある。 桃太郎横の女雛は干からびてきたため廃棄。 仮立田と仮立田錦の葉挿しは、なかなか育たない。

エケベリア~仮紅化粧とキルヒネア

仮紅化粧、邪魔でカットした苗×1を戻す。発根はまだ。 実家へ渡った親株も脇芽をつけたと聞く。 今のところ、葉挿しも問題なく。 キルヒネアの名で購入した苗、キルヒネアではないような。脇芽は4つ。 今のところ、葉挿しは問題なく。 カット苗、なかなか…

グラプトベリアとエケベリア

ピンクルルビー〔27日ぶり〕、ローズクィーン〔31日ぶり〕、仮養老〔30日ぶり〕へ水やり。 スカスカのローズクイーン。 ダランダランの仮養老。

エケベリア~ハムシーとラウリンゼ

花芽を出すからか、寒いからか。 昨冬と同様に葉が枯れてスカスカになっていくハムシー。 ラウリンゼ、花芽を出さず。紅葉も進まず、葉っぱがペラペラになった印象。

エケベリア

超高級多肉の不定期観察 アゴラ、外葉が1枚枯れる。 原種エボニー、新しい葉が出る。 白夜、目に見えてボリュームも色味も薄くなる。 ビアント、花芽が増える。 桃太郎、花芽が増える。

エケベリア~ルエラとチワワエンシス

ワッツ産ルエラ&チワワエンシスの不定期記録。 100均出身であっても、どちらも美しく育て上げているブロガーさん発見。 出自ではなく環境が大事。 4時間に満たない日照条件では、寒暖差があろうと風に当てようとブサイク。 ルエラ チワワエンシス

セダムその他の多肉

ロッティーとビアホップ〔27日〕、紀ノ川〔22日〕へ控えめの水やり。アゴラ、原種エボニー、ホワイトナイトへ10日ぶり、とても控えめな水やり。

セダムその他の多肉

八千代とグリーンペット〔26日ぶり〕、星の王子〔21日ぶり〕、ブロンズ姫〔26日ぶり〕、ハムシー〔24日ぶり〕へ控えめの水やり。

エケベリアとセダム~キルヒネアと黄麗

↑38日 キルヒネア、大きくなる。 ↑40日 成功率50%の黄麗、大きくなる。

セダムとセデベリア

ウッドプランター群へ25日ぶりの水やり。 みんな、青々しい。 まだ1度もマッコスの紅葉を見ていない。

エケベリアその他の多肉

2.5号鉢へ25日ぶりの水やり。 クラッスラ~ 火祭り、茜の塔。 エケベリア~ 女雛、ルエラ、ヤマトニシキ、ヤマトヒメ、チワワエンシス、仮紅化粧、仮ミニベル。 グラプト~ 白牡丹、淡雪、秋麗、オパリナ。 パキ~ 仮立田錦、仮立田、仮霜の朝。 セダム…

エケベリア~桃太郎とビアント

桃太郎とビアントの花芽。 桃太郎 ビアント

エケベリアとパキフィルム

アゴラ、原種エボニー、ホワイトナイト、星美人へ19日ぶり控えめな水やり。 しわしわ。

エケベリア~ヤマトニシキとヤマトヒメ

ヤマトニシキ、花芽をあげる。 2日前にはなかったはず。 ヤマトヒメは少しだけ色づいた気配。どちらもワッツ産。 100均のヤマトニシキは本物でないとかなんとか難しい話があるそうな。白牡丹もまたしかり。

エケベリア~ハムシーとヤマトニシキとキルヒネアと仮ミニベル

朝日を浴びたハムシーは綺麗だなと寄りで撮影。 埃まみれだった。 大掃除。 いつまで経っても色白のヤマトニシキ。 昨年のクリスマスは紅葉している。 なんでだろう。 キルヒネア、少し大きくなる。 仮ミニベル、ミニ感がない。

エケベリア~ラウリンゼと桃太郎

桃太郎とラウリンゼへ30日ぶりの控えめな水やり。

エケベリア~女雛とチワワエンシスと仮養老

美しい女雛。 ↑60日 ようやく色付いてきた?チワワエンシス。 横から縦へ、怪しい雲行きの仮養老。

エケベリア~桃太郎とビアント

桃太郎とビアントの花芽が色付く。 桃太郎 ビアント

エケベリア~キルヒネア

仕立て直しに失敗したキルヒネア。 内側にも脇芽がポツポツと、目視できるのは4つ。

エケベリア~桃太郎と新入り

桃太郎の花芽が少しだけ大きくなる。 初めてのこと、咲かすか切るか悩ましい。 アゴラ、原種エボニー、ホワイトナイト〔これからは白夜呼びに固定〕、ビアント。 自然光下で見ると違う顔。

グラプトベリアその他の多肉

春に実家へ引き渡す準備として、ピンクルルビーやジョイスツーロ、マッコスなどをカットする。

エケベリア~アゴラ

発根したアゴラを小さな鉢へ移し変える。 せっかくだから、新入りさんをまとめてみる。

【購入】エケベリア~ビアント

室内で植え替え作業→撮影。 抜き苗で購入したビアント。 最大直径6cmほど。 オプションとして、花芽が上がり子株がひとつ。いくつかのサイトにラウリンゼとザラゴーサの交配種と書いてある。

【購入】エケベリア~ホワイトナイト〔白夜〕

室内で植え替え作業→撮影。 抜き苗で購入したホワイトナイト。 最大直径4cmほど。ネットで拾った情報によれば、レッドエボニーの交配種なのだという。片親をラウイと紹介するサイトもチラホラ。